ホームアクティビティ日本地震工学会年次大会-2013

日本地震工学会年次大会-2013

日本地震工学会年次大会は,1年に1回,縦割りの学会では顔を合わせることのない研究者が集い,建築・土木・地盤・機械・地震の各分野から横断的な討議を行います。日本地震工学会年次大会の研究発表者には,予め論文梗概を提出していただきます。

本年度も日本地震工学会では,地震・耐震工学に関連する横断的な幅広い研究課題について発表し,討論を深めるために,年次大会「日本地震工学会・大会- 2013」を下記のとおり開催いたします。一般発表,オーガナイズドセッション,地震工学技術フェアを予定しております。

つきましては,一般発表およびセッションテーマを募集いたしますので,奮ってご応募くださるようお願いいたします。

なお,2013年度の年次大会- 2013(東京)は,下記のとおり2013 年11月11~12日に東京にて開催します。

日本地震工学会-年次大会2013について

日 程 2013年11月11日(月)~12日(火)
場 所 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター
東京都渋谷区代々木神園町3-1
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
投稿料 (会員もしくは学生会員を含む場合)無料,(非会員のみの場合)5,000 円
参加費 (会員)5,000 円,(学生会員)2,000 円,(非会員)10,000 円,(学生非会員)4,000 円
交流会 2013 年11 月11日(月)午後5 時30 分~7 時30 分 
(一般会費)4,000 円,(学生会費)1,000 円

【プログラムおよび会場案内】 (rev.  2013.10.31)

年次大会プログラムが決まりました。なお、一部調整中のため、今後変更が生じる可能性があります。変更については随時HPで更新します。

大会プログラム(最終、2013.10.31) 

タイムテーブル(1日目)   タイムテーブル(2日目)

年次大会2013会場案内

交流会案内 

技術フェア案内 

【発表者の方へ】 発表要領をご確認下さい。 

【座長の方へ】 座長要領をご確認下さい。 

一般発表の申し込み (締め切りました)

発表題目,著者および所属,勤務先と所在地,電話・FAX・メールアドレス,応募部門,キーワード(4つ)を記入(貼り付けファイルでの記入はご遠慮ください)のうえ,9月25日(水) 10月9日(水)までにお申し込み下さると同時に,発表論文(A4サイズ2 ページ)を提出下さい。

 なお,プログラム編成上,お申し込みとは別のセッションに入れさせて頂く場合もありますので,ご了承下さい。

      • 締切: 2013年9月25日(水) 2013年10月9日(水)
      • 申込方法: ウェブ投稿とします。

        (論文投稿は受付終了)

応募分野の分類

a. 自然現象(地震動,地下構造,地盤,津波,歴史地震ほか)
 a-1 震源特性,a-2 地下構造,a-3 地盤震動,a-4 地盤の液状化・斜面崩壊,a-5 津波・歴史地震・その他
b. 構造物(地震応答,構造実験,耐震設計,免震,制振,診断補強,相互作用ほか)
 b-1 地中構造物およびダム,b-2 杭および基礎構造,b-3 地盤と構造物の相互作用,b-4 土木構造物,b-5 建築構造物,b-6 機械設備系,b-7 免震・制振・ヘルスモニタリング,b-8 耐震補強,b-9 新しい構造・材料・その他
c. 社会問題(ライフライン,災害情報,リスクマネジメント,防災計画,復興計画ほか)
 c-1 ライフライン,c-2 緊急速報・災害情報,c-3 防災計画・リスクマネジメントおよび社会・経済問題,c-4 復興計画・その他
d. 被害調査,オーガナイズドセッションなど
 d-1東日本大震災調査,d-2最近の地震被害調査,d-3オーガナイズドセッション・その他

若手を対象とした優秀論文発表賞

優れた論文発表をされた若手を対象に「優秀論文発表賞」の表彰を行ないます。対象となるのは,以下の全てに該当する方です。

      • 研究発表会に報告を著者として投稿し,発表した方
      • 日本地震工学会の正会員または学生会員の方
      • 開催年度末時点で満35 歳以下の方(1978 年4 月1 日以降に生まれた方)

若手研究者の積極的な投稿を期待しています。また,受賞対象者は正会員または学生会員に限られますので,非会員(法人登録会員を含む)で論文投稿される方には,この機会に入会されることをお勧め下さい。

セッションテーマのご提案と申し込み

大会- 2013 では,オーガナイズドセッションを設定し,重要な課題について討議を深めるために,セッションテーマを募集します。セッションテーマとしては,応募部門におけるトピックスや日本地震工学会として新たに取り上げるべきテーマなどが考えられます。テーマ名,座長案,発表者(数名)案,セッション提案者名を8月9日(金)までにご提案下さい(自薦・他薦を問いません)。大会実行委員会で全体調整の後,プログラムを作成させて頂きます。なお,ご希望にそえないこともありますので,あらかじめご了承下さい。

セッションテーマは taikai2013 [at] jaee.gr.jp 宛て([at]を@に入れ替えて下さい)に必要事項を記入してメールにてお送りください。

地震工学技術フェア

今年度の大会でも引き続き,個人の学術講演発表とあわせて,各企業の研究開発の成果等を紹介していただく場として「地震工学技術フェア(展示会)」を企画致します。最新の企業情報を多数の研究者,技術者の方々に発信する場としてご活用いただきたく考えております。

このページの上部へ