ホーム行事・催し物日本地震工学会・大会

日本地震工学会・大会

 日本地震工学会では,地震工学に関連する横断的な幅広い研究課題について発表し,討論を深めるために,年次大会「日本地震工学会・大会-2016」を下記のとおり開催いたします。

 本年度も,昨年度同様に専門分野や理学・工学の垣根を越えた,より積極的な横断的研究分野での情報交換やディスカッションができるよう,各専門分野の基調講演に加え,津波・原子力・避難に関する特別セッションを用意しています。一般発表では、日本語によると英語による投稿を募集します。発表はポスターセッションを中心としますが、話題性のある内容については一部オーラルセッションを企画しています。さらに,詳細は未定ですが最終日には一般市民も対象とした日本地震学会と共催のシンポジウムも計画されています。加えて,本大会では,大会前日に高知市周辺の地震防災に関わるサイトをめぐる見学ツアーを計画しています。また,例年通り,地震工学技術フェアも予定しております。

 つきましては,下記の要領で一般発表論文を募集いたしますので奮ってご応募くださるようお願いいたします。

日本地震工学会・大会-2016について

日 程 2016年9月26日(月)~27日(火)(見学会2016年9月25日(日))
場 所 高知工科大学永国寺キャンパス
(〒780-8515 高知県高知市永国寺町2番22号)
http://www.kochi-tech.ac.jp/kut/about_KUT/access.html
投稿料 〈会員もしくは学生会員を含む場合〉無料,〈非会員のみの場合〉5,000円
参加費 〈会員〉5,000円,〈学生会員〉2,000円,〈非会員〉10,000円,〈学生非会員〉4,000円
見学会 2016年9月25日(日)午前11時00分 ~午後5時00分 参加費:3,000円(予定)
交流会 2016年9月26日(月)午後7時00分 ~午後9時00分
会費:事前申し込み5,000円,当日参加7,000円 (予定)

【見学会・交流会案内】
見学会および交流会の詳細は7月ごろにHPでお知らせいたします。

見学会(工事中)

交流会(工事中)

【プログラム・会場案内】
年次大会プログラム,会場案内については随時HPで更新します。

年次大会プログラム(工事中)

ポスタープログラム(工事中)

会場案内(工事中)

一般発表の申し込み

 発表題目,著者および所属,勤務先と所在地,電話・FAX・メールアドレス,応募部門,キーワー ド(4つ)を記入のうえ締切日までにお申し込みくださると同時に,発表論文をご提出ください。
 なお,ご発表がポスターセッションとなるかオーラルセッションになるかは,プログラム編成で決めさせていただきます。ご了承ください。

中立性のない論文、および商業的宣伝、誹謗中傷に類するものは、実行委員会の判断で掲載をしない場合がございます。

  • 締切日:2016年6月24日(金) → 2016年7月22日(金)12:00 (延期いたしました)
  • 申込方法: ウェブ投稿とします。
    投稿サイトは閉鎖いたしました。以降論文を投稿されても受け付けません。
    【注1】一度提出した論文を差し替える場合は、投稿サイトから論文差し替え専用ページに進んで差し替えを行って下さい。
    【注2】優秀論文発表賞の対象に該当する方は投稿サイトのチェックボックスにチェックをつけて下さい。

上記投稿サイトにアクセスして必要事項を書き込んだ上,発表論文ファイルをアップロードしてください。書式は[執筆要領]にしたがってください。

応募分野、若手研究者を対象とした優秀論文発表賞、地震工学技術フェア等、詳細については下記ファイルをご参照下さい。

地震工学技術フェアの出展申し込み

日本地震工学会年次大会「日本地震工学会・大会-2016」にて,地震工学技術フェアを企画しております。

地震工学に関連する技術や商品を,大会開催期間に参加者へ情報発信することができます。積極的なご参加を心よりお待ち申し上げております。詳細は以下のPDFファイルを御覧のうえ,出展申込書にご記入のうえ、申し込みボタンをクリックください。

英語セッションの発表申し込み

英語セッションは、日本の地震工学分野における最先端の研究を世界に発信していくこと、そして日本の研究者や実務者、海外からの留学生に英語での発表や討論の機会を提供することを目的としています。本セッションは、2012年から開催されている国際シンポジウムの位置づけです。

開催要領・発表申込みについて、詳しくは英文ページでご案内しています。

このページの上部へ